の家福太郎

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

海の家福太郎のコンセプト

 防大島は、かつておおよそ6,000人にも近い先人たちがハワイのサトウキビ開拓に夢を馳せて渡りました。当時の生活は想像を絶する過酷な労働暮らしでした。身につけていた着物や浴衣をほどき、シャツに仕立てたことから「アロハシャツ」の始まりとなりました。日本人の誇りと伝統を受け継いでいくべく、融合、リメイクにもチャレンジしていきたいと思います。

 

  • 分が食べるものは自分で作る。海の家では、旬の食材を料理にお出しすべく、季節の美味しい野菜作りに挑戦しています。時節にお泊まりの際は、植え付けや雑草取り、収穫などの体験してもらうことも可能です。野菜の種や苗からの成長を学びながら、土壌にある微生物と結合した逞しい野菜作りを目指します。各種野菜を使った料理も一緒に楽しみましょう。健康な体に整える「食」を一緒に考えてみましょう。 

  •  こ海の家は、かつて瀬戸内海のムール貝「瀬戸貝」が沢山捕れていた時代に、島のナンバーワン漁師が暮らしていたと聞きました。土壁に木材を利用した素朴な漁港の暮らしそのままに、昔ながらの風合いをそのまま宿に生かしています。玄関を上がると昭和時代にスリップしたような駄菓子屋コーナーがお出迎え。飾らず、気軽に里帰りしたようなお宿を目指しています。「おかえりなさい」